ご意見・お問合わせ 

   ホーム > 共同募金への協力 
共同募金への協力

募金の使われかた(佐賀市での一例)

(ダイジェスト版)



(目次)
募金の使われかた(佐賀市での一例) 共同募金運動への協力   赤い羽根共同募金とは     

共同募金運動への協力

共同募金運動の推進に協力しています。

赤い羽根共同募金
  (募金運動期間:10月1日~12月31日)

歳末たすけあい募金
  (募金運動期間:12月1日~12月31日)

皆さまから寄せられた貴重な募金は、佐賀県共同募金会佐賀市支会を通じて配分され、
地域の福祉活動や社会福祉協議会の事業に役立てられています。


赤い羽根共同募金とは


 赤い羽根共同募金の生い立ち

昔、ヨーロッパのある村でひとりの牧師が道端の樫の木に「与えよ、とれよ」と書いた箱を吊るしておきました。
これを見た村人の中で、多少とも余裕のある人はその箱にいくらかのお金を入れ、お金に困っている人は、
必要なだけのお金を引き出して役立てたということです。
この牧師の精神=「たすけあいの心」が現在の赤い羽根共同募金運動に受け継がれたと言われています。

 赤い羽根共同募金とは

共同募金運動は、1947年(昭和22年)に始まり、集まった募金は、県内の民間施設や福祉団体、市民活動など
に配分することを目的に全国一斉に行われる活動です。

 募金の種類  (   )内は募金ボランティアの方

戸別募金 ・・・ 各世帯を対象とした募金(自治会長さんや班長さんなど)

街頭募金 ・・・ まち中などで、通行する人を対象とした募金(学生や主婦のみなさんなど)

法人募金 ・・・ 企業を対象とした募金(民生委員さんなど)

職域募金 ・・・ 企業、団体、官公庁などの職場で、職員や従業員を対象とした募金(従業員さん自身)

資材募金 ・・・ オリジナルの募金グッズを購入していただき、その益金を募金します。

学校募金 ・・・ 福祉教育を目的とし、児童や生徒を対象とした募金(先生や生徒会のみなさん)

イベント募金 ・・・ チャリティ募金など、各種イベントに集まる人を対象とした募金

その他・・・ 募金運動期間中(10月1日~12月31日)は、近くの郵便局から、現金書留(佐賀県共同募金宛)や
           郵便振替で手数料免除で募金できます。
           ①インターネットで募金
           ②クレジットカードで募金
           ③ネットバイキングから募金
           ④プリペイドカードで募金

 赤い羽根とシンボルキャラクター

共同募金のシンボルは、「赤い羽根」です。
募金活動のシンボルとして使ったのは、アメリカが最初で、日本でも昭和23年から
「赤い羽根」を使うようになりました。
また、シンボルキャラクターは、愛ちゃんと希望くんです。
1986年(昭和61年)に誕生したキャラクターで、共同募金運動に親しみを感じて
もらえるようイメージされています。
 共同募金関連のホームページ
 各リンクは別ウィンドウで開きます。
佐賀県共同募金会            http://akaihane-saga.or.jp/
中央共同募金会              http://www.akaihane.or.jp/
共同募金データベース「はねっと」   http://hanett.akaihane.or.jp/

 お問い合せ先

※詳細については、下記までお問合せください。

担当部署  福祉課